浴衣の着付け方法(自分で着る)

着付けって難しそう・・・。浴衣なら、実は簡単に出来ます。慣れると10分でも着れちゃいます。一人で初めてでも出来る、簡単で、きれいな着方を紹介します。

 

/\.

1.はおる

浴衣の着付

まずゆかたをはおり、背縫いが体の中心にくるようにあわせます。
袖山をもって両手を真横に上げ、袖をピンとはります。
左右対称のきれいな着付けになります。

 

2.丈を決める

浴衣の着付

両方のえり先をもち、裾を一度上にあげます。それからゆっくり裾を平行に下におろし、裾がくるぶしにかかるようにします。

 

3.裾を合わせる​​

浴衣の着付 浴衣の着付

上前のえり(左手側)をもち、おくみ線が右足の小指に触れるようにあててみます。
ずれないように一度開きます。右手の下前を脇の奥までもっていき、裾端を4、5センチあげます。左脇で下前をおさえつつ、たるまないようにぴったり上前を重ねます。重ねた時につま先が3センチ上がるくらいがよい。
裾つぼまりの美しい着付けになります。

 

4.腰ひもを結ぶ

浴衣の着付 浴衣の着付

腰ひもの中心を前ウエストの少し下(腰骨)にあて、後ろで交差させ、前にもってきます。
ここでぎゅっと強めにしめ、前で結びます(結び目は中心をずらすと楽です)。片蝶結び、または蝶結びにして、余ったひもの端は脇ではさみます。
背中のしわをきれいにするために、両手人差指をひもにいれ、引きしわを左右の脇に流します。

 

5.おはしょりを整える

浴衣の着付 浴衣の着付

身八つ口から手をいれ、背中を写真(左)のように広げ左右に一気に引きます。
衣紋を調整するために片手を背中心、もう片手で両えりをもち、背中側を下にひっぱり、衣紋を調整します。握りこぶし一つ分が目安です。
前のおはしょりをととのえます。みやつ口から両手をいれて下のラインをまっすぐにします。
下前のえりをバストをつつむようにかぶせ、おはしょりをすっきりさせるために三角におりあげます。
左手で下前のえりをおさえたまま右手で上前のえりをあわせます。
えり合わせは、のどのくぼみあたりにくるようにします。

 

6.胸ひもを結ぶ

浴衣の着付 浴衣の着付

えりがくずれないように胸下に胸ひもを結びます。
腰ひもと同様に結びます。
ここはきつくしすぎると苦しくなるので、息を吸った状態でしめるとちょうどよいです。
あまったひも端ははさみます。
背中のしわをきれいにするために、両手人差指をひもにいれ左右に引きしわを脇に流します。

 

7.だてじめを巻く

浴衣の着付 浴衣の着付

バストのやや下の位置にだてじめを結びます。前から後ろに回して交差し前でひもをからげます。
あまった端は二、三回たたんで入れ込むなどしておきます。
結んだら指をだてじめの内側に入れてしわをとります。上下の縫い目がそろっているか、おはしょりの長さが帯を結んだ時に人差し指の長さになるのが目安です。

帯へgo