浴衣着付け

5分で簡単!誰でもできる浴衣の帯結び

「文庫結び」はゆかた帯結びの基本型
手軽にマスターできるので、一番最初に覚えておきましょう。

 

【5分で簡単!】誰でもできる浴衣の帯結び

 

 

1.帯を体に巻く

浴衣の文庫結び

帯の端から、腕の長さより10㎝ほど長くとって、帯幅が半分になるように二つ折りにする。以後この部分をてと呼ぶ(写真で肩にかけている部分)。ての山折りの方を下にして肩にあずけ、巻き始めを三角形にする。

2.帯を結ぶ

浴衣の文庫結び

三角形の部分をお腹にあてたままで、たれ(二つ折りでない部分)を体に2回巻きつける。帯を回すのでなく、自分が回るとやりやすい。
巻いたたれを、脇からななめに半幅くらいに折り上げる。

てが上になるように重ねてでたれをくるむ。帯の上線あたりでギュッとひと結びする。

結び目をたてにし、てを肩にあずける。結び目からたれを広げる。

3.羽の部分を作る

文庫結びの仕方

文庫結び
文庫結び

屏風だたみにし、羽を作る。中心を結び目に合わせる。

中央を山折りにし、上下半分を谷折りして「W」の形を作る。

 

4.羽を固定する

文庫結び
浴衣の帯
浴衣の文庫結び

余ったてさきをコンパクトに折り、浴衣と帯の間にしまう。
 

5.羽の形を整える

羽の形を整え、つのを立てる。帯の上下を持って浴衣のあわせの方向にまわす。

帯と帯の間に帯板を入れる。薄手のタオルを入れて結びを安定させる。